Hana's Wedding Diary

昭和生まれプレ花嫁の海外ウエディング体験談

挙式と旅行の申し込み窓口を徹底比較!

 こんにちは、Hanaです。

海外ウエディングをすることまでは順調に決まり、準備を開始!

 

                          f:id:hana2525hana:20190408173356j:plain

 

しかし私の周りには海外ウエディングをした人が1人もいませんでした。

なので私が調べた海外ウエディングの情報についてお伝えしたいと思います!

 

 

プロデュース会社とは

ズバリ、式場を運営している会社のことです。

海外ウエディングといえば、ハワイグアムを思い浮かべると思います。

ネットで調べると、

   ハワイ:コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

       パラダイスガーデン・クリスタルチャペル

       ザ・マカナチャペル

   グアム:ジュエル・バイ・ザ・シーブルーアステール

   バリ:ティウタ・ウルワッツ

などのチャペルがヒット!

 

これらの式場は、プロデュース会社と言われるところが運営しています。

リゾート婚を行うのは日本人がほとんどで、プロデュース会社も日本の会社です。

最近ではアジア圏の方がハワイやグアムで挙式することもあるそうですが、チャペルは日本のプロデュース会社が管理しているので、アジア圏の方々がそこで挙式をする場合も日本のプロデュース会社へ申込みを行うそうです。

 

私が調べたプロデュース会社

 

ちなみに、

アールイズウェディング⇨ザ・マカナチャペル(ハワイ)、

            ジュエル・バイ・ザ・シー(グアム)

ベストブライダルリゾート⇨ティウタ・ウルワッツ(バリ)、

            パラダイスガーデン・クリスタルチャペル(ハワイ)

ワタベウエディング⇨ブルーアステール(グアム)、

          コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ(ハワイ)

 

をそれぞれ運営しています。

 

つまり、ワタベウエディングがハワイにもグアムにも式場を持っているんですね。

 

申込み窓口は2つ

JTBHISといった旅行会社でも、

海外ウエディングのパンフレットをみたことはありませんか?

 

そうなんです、

海外ウエディングは、プロデュース会社旅行会社の両方から申込みが可能なんです。

 

 プロデュース会社

プロデュース会社から申し込む場合でも、一緒に旅行の手配をしてくれます。ただ、その方法はプロデュース会社によって異なります

自社の旅行会社を持っているのでそこから旅行の申し込みをする場合と、大手旅行会社への手続きを代行で行ってくれる場合があります。

 

例えば、

  • アールイズウエディング:自社の旅行会社ソラトラから申し込み
  • ワタベウエディング:日本旅行のパンフレットから申し込み

でした。

ソラトラは、ネットで検索しても旅行プランや料金が出てきませんでした。アールイズウエディングで挙式をされる方のための旅行会社のようです。サロンでもらったソラトラのパンフレットを下に載せておきます。

 

ワタベウエディングには日本旅行のパンフレットがあり、日本旅行の窓口に行かなくても申し込みができるとのことでした。ただし、挙式用の特別なプラン割引があるというわけでは無いそうです。なので、別の旅行会社へお願いしても問題はないとのこと。ただその場合、プロデュース会社と旅行会社の間でやり取りはしないので、自分自身が両方の会社の間に入ってやり取りをしないといけないとのことでした。

 

f:id:hana2525hana:20190412004110j:plain

 

旅行会社 

旅行会社から申し込む場合はさっきの反対で、希望する式場を管理するプロデュース会社へ挙式の手続きを行ってくれます。

大手旅行会社からでしたら、海外の式場のほとんどと提携しているようなので、希望する式場を扱ってないということはほとんど無いと思います。

 

 

私はここですごく悩みました。

申込み窓口が2種類あるが、どう違うのか

どっちが得なのか

 

 プロデュース会社と旅行会社の違い

式場を決めるとき、

   プロデュース会社:アールイズウェディング、ワタベウエディング

   旅行会社:HIS、JTB

4か所で話を聞きました。

プロデュース会社と旅行会社それぞれ特徴をご紹介したいと思います。

プロデュース会社

メリット

  • 担当のプランナーさんがつく
  • 挙式の相談がすぐできる
  • 旅行の手配も可能

デメリット

  • 費用が高め
  • プロデュース料がかかる
  • 旅行に対して不安

 

⇨プロデュース会社は担当のプランナーさんが付くためか、プロデュース料なるものが10%も必要だそうです。

たかが10%と思うかもしれませんが、挙式代やドレス、お花などの合計金額に対して10%なので、、、

私の見積もりではプロデュース料112,450円でした。

 

旅行会社

メリット

  • 旅行に強い
  • 旅行と挙式のセットプランで安く挙式ができる

デメリット

  • 担当のプランナーさんがつかないことがある
  • 挙式の確認などはプロデュース会社へするため返答に時間がかかる

 

⇨現在HISさんから旅行・挙式の申込みをしていますが、アールイズウエディングへの連絡は「お客さんま専用ダイヤル(無料ダイヤル)」と「お客様専用FAX」の2種類です。メールでのやりとりはできません。専用ダイヤルは近くのサロンではなく東京のオフィスにつながり、そこのスタッフの方が対応してくれます。

サロンで担当してくれた方の名刺をもらいますが、その方と電話でお話することはできないので、スタッフの方から何か提案されるということはサロンで直接話をしている間しかありません。

 

 

 

www.hana2525.work

 式場選びについてはこちらの記事を参考にしてください⇧⇧

 

ジュエル・バイ・ザ・シーを運営しているのはアールイズウェディングなので、プロデュース会社はアールイズウェディングのみで比較をしています。

  

旅行会社の比較

ウエディングプランのある旅行会社は、JTBHIS日本旅行などがありました。

私の住んでる地域でオフィスがあったのはJTBさんとHISさん。

なのでその2つで話を聞いてきました。

見積もりも⇩の条件で出していただきました。

  • 式場:ジュエル・バイ・ザ・シー
  • 期間:7日間
  • 旅行先:グアム・パラオ
  • ホテル:ハイアットグアム(3泊)、パラオパシフィックリゾート(3泊)

JTB

なんと言っても安心感ですね。

+KOMI-KOMIというプランがあり、挙式以外でも家族に楽しんでもらえそう。

スタッフの方も言われていましたが、JTBは決して安いわけではないが、その分充実したサービスが保証されています。

現地にもオフィスがあるので緊急事態があっても安心です。

 

旅行代、挙式代は合計2,285,600円でした。

 

HIS

やっぱり安いです。

旅行会社の大手でもあるので、安心感もついてきますね。

現地にオフィスがあり食事の予約代行なども行ってくれるので、言葉がわからない海外ではとても心強いです!

 

旅行代、挙式代は合計2,065,220円でした。

 

JTBとHISでは約22万円の差がありました。

私が重要視するのは費用だったので、旅行会社から申込むのであればHISだと思いました。

 

プロデュース会社と旅行会社の比較

自分でExcelを作って、旅行・挙式費用を比較してみました。

 

  HIS アールイズ
  単価 数量 金額 単価 数量 金額
挙式代       268,000 1 268,000
旅行費       172,800 2 345,600
挙式代+旅行費 413,000 2 826,000      
衣装(ドレス+タキシード)       120,000 1 120,000
新婦ヘアメイク       44,000 1 44,000
フラワーシャワー 18,000 1 18,000 18,000 1 18,000
パティーパッケージ(※1) 144,000 1 144,000      
 ・メインテーブルフラワー       29,500 1 29,500
 ・ゲストテーブルフラワー       20,500 1 20,500
 ・ウエディングケーキ       22,500 1 22,500
パーティーメニュー(大人) 23,000 8 184,000 23,000 12 276,000
パーティメニュー(子供) 5,000 2 10,000 5,000 2 10,000
ウエディングブック 100,000 1 100,000 194,500 1 194,500
セレモニームービー 89,000 1 89,000 89,000 1 89,000
ブーケグレードUP       31,000 1 31,000
ビーチでのドリンク       不明   不明
プロデュース代       112,450 1 112,450
合計金額     1,371,000     1,581,050
          差額 210,050

※1:HISパーティーパッケージ

・食事(大人)4人分

・メインテーブルフラワー

・ゲストテーブルフラワー

・ウエディングケーキ

これら合計164,500円が144,000円と20,500円安くなる。

 

HIS

メリット

  • 値段が安い(挙式時現地でのサービスは同じレベル)
  • 必要最低限がプランに入っているためわかりやすい
  • 希望すればアールイズさんと同じオプションが使える
  • HISの特典がある(例えば※1)

デメリット

  • 担当のプランナーさんがつかない⇨プロからの提案がない

 

アールイズウェディング

メリット

  • 担当のプランナーさんがつく⇨いろんなオプションの提案をしてもらえる

デメリット

  • プロデュース料がかかる(約10万円)
  • チャペル使用料に必要なものをプラスしていく方法⇨必要最低限が不明なため高値になりやすい

 

まとめ

プロデュース会社と旅行会社、両方から話を聞いて思ったこと。

それは、挙式や旅行の内容はどっちもあんまり変わらない

大きな違いは10%のプロデュース料!

 

アールイズウエディングで対応してくださったプランナーさんはとても感じが良く好印象でした。

しかも結婚式のプロなので、素人の私では気が付かないことを色々と提案してくれるんだろうなと思いました。

 しかし、海外ウエディングで家族しか参列しないのに、何をそこまで気にするのだろうとも思いました。

ある程度のことはネットで情報収集できるし、やっぱり10万円は安くない

 

HISから申し込むと旅行もセットになっていて、費用も抑えられそうな感じ。挙式についての質問に対し、返事が少し遅くなってしまうようでしたが、そこ以外はアールイズウエディングから申し込むこととあまり変わりはなさそう。

 

アールイズウエディングとHIS、両方の見積もりを比べると、HISのほうが20万円近く違いました。

担当のプランナーさんいるのはとても魅力的だったのですが、20万円あったらその分旅費に当てたいと思う私。

彼の賛成もあり、HISから申込むことに決まりました!

 

 

スマートフォンでみると、料金比較表が切れてしまっているかもしれません。

パソコン表示でみると表をすべて見れると思います。

どのようにしたらスマートフォンでも表示されるかわかりませんでした。